【メール占いの口コミ&評判】メール占いサイトの選び方&注意点など

このページではメール占いの口コミをご紹介しています。

主にネット上で見られる口コミや、TwitterなどSNSで見かけた口コミをまとめたものになります。
私個人の口コミも合わせてご紹介しています。

メール占いサイト選びの参考になれば幸いです。

メール占いの口コミ

良い口コミ

  • 電話占いが苦手な人でもできる
  • すべてメールで完結するのが良い
  • 鑑定メールは何度でも読み返すことができる
  • スキマ時間で相談することができる

メール占いの良い口コミは同時にメリットでもあるのですが、電話占いが苦手でメールが好きな人におすすめです。

占い師から届く鑑定メールは後から何度でも読み返すことができるのも良いですね。電話占いは録音するかメモするかしなければならないので、その点メール占いは便利だと思います。

悪い口コミ

  • 見当違いなことを言われた(ハズレた)
  • メールが苦手な占い師もいる(文章が下手)
  • 占い師ではなく素人がやっていることもある(悪徳業者)

メール占いに限らずですが、当然ハズレることもあります。「え?何を言ってるの?」と思うこともあるかもしれません。その場合、もうその占い師には相談しなければいいだけです。

とは言え、私が好きな占い師さんも「ん?」と思うことを鑑定してくることはあります。
たった1回ハズレただけでお気に入りの占い師さんを除外するのは勿体ないと思います。ハズレることもあるけど、トータルで私のメリットになることを助言&アドバイスしてくれる占い師なら、私はリピートしています。占いとはそういうものだと思いますし、全部当たらなければダメという感覚ですと、占いを利用するのは難しいと思います。

メール占いサイトの選び方

大手メール占いサイトを選ぶ

当サイトでは、メール占いは基本的に大手サイトを選ぶことを強く推奨しています。

占いは高額なサービスなので、当たる・当たらない以前に安心・安全に利用できることが求められます。

なので特に初心者の方には、大手サイトを選ぶことを強くおすすめします。

マイナーな占いサイトは避ける(利用しない)

よくわからないマイナーなサイトは避けた方がいいです。悪徳業者の可能性があるからです。

ですが最初はどこが大手でどこがマイナーなのかわからないと思います。
当サイトでは大手サイトのみご紹介しておりますが、気になるサイトは登録する前に(利用する前に)きちんと調べた方がいいです。

ネットで検索すると実際に悪徳業者の占いサイトに登録してしまい、被害に遭われた方の投稿を見ることができます。ですがその投稿自体が実はウソで、最終的に自社の悪徳占いサイトに誘導するという手口も見受けられます。非常に悪質です。

なので使ってみたい占いサイトが本当に安全なのかどうか?をしっかり見極める必要があります。

ですが何度も申し上げますが、利用するなら大手サイトを選んだ方が良いと思います。
私は大手サイト一択です。よくわからない占いサイトやマイナーな占いサイトは絶対に避けるようにしています。

メール占いサイト利用時の注意点

予算を決めて利用すること

メール占いは電話占いに比べて比較的予算が立てやすいと言われています。

大手サイトであれば基本的に前払い制ですので、占い師により1通あたりの料金は決まっているものの、事前にわかってるので必要以上にお金を使い過ぎるということがありません。

占いジプシーにならないようにする

占いで注意しなければならないのが、占い依存症です。

同じ質問を不安になって何度も占い師に聞いてしまったり、複数の占い師に同じ質問をしてしまうのはよくありません。こういう人を占いジプシーというのですが、立派な依存症です。

抜け出すのは容易ではないのと、何より多額のお金を無駄にします。

メール占いは適度に楽しむものです。あらかじめ予算を決め、その中でやるようにしましょう。
ちなみに占ってもらう頻度ですが、私は半年に1回くらいです。3~4ヶ月に1回でもいいなと思ってますが、感覚的にあまり大差ないので半年に1回と決めています。

自分の中でしっかりルールを決めた方が良いのと、自分が決めたルールを守れない(お金をたくさん使ってしまう)なら、残念ですがメール占いはやらない方がいいと思います。

相談メールはしっかり確認してから送信する

メール占いはサイトの送信フォームから1度送信してしまうと、後から修正・加筆ができません。

なのでしっかり確認し、自分が占ってもらいたいこと&相談したいことが書かれているか読み返してください。私は最低2回は確認します。誤字も無い方がいいです。

しっかり確認して、間違いがなければ送信します。
後日、占い師から鑑定結果メールが送られてきます。

当たる・当たらないに執着しない

占いはどうしても当たる・当たらないに焦点があてられがちですが、あまり執着しない方がいいかもしれません。占いなのでハズレることだってあるのです。全部当たるというのはないと思ってください。

的中率の高い当たる占い師の存在は確かにありますが、私は当たる・当たらないよりも、占い師との相性の方が重要だと考えています。

占い師との相性はとても重要です。相性が悪いと良い鑑定結果は出ないと思っています。
逆に相性が良ければ、占い師のメールに書かれていることがスイスイ入ってきます。

鑑定メールを読む感覚も違うので、ぜひ気になる占い師に相談してみて、自分に合った相性の良い占い師を探してみてください。

占い師にメールしてはいけないこと

占い師はさまざまな悩み相談に応じてくれます。
1番多いのはやはり恋愛に関する悩みだそうですが、その他にも仕事や起業運、人間関係に関する悩みも聞いてくれます。私はいつも仕事や会社の運勢について占ってもらっています。

ですが占い師に聞いてはいけないこともあります。

1.占い師を試すようなことを書く

この占い師は本物かどうか?と疑ってウソの情報を伝え、占い師がそれを見抜けるかどうか試す方がいらっしゃるそうです。気持ちはわかりますが、はっきり言って悪質です。

占い師を騙したり、試すようなことをメールしてはいけません。

何もいいことはないですよ。

2.サイトの禁止事項を相談する

生死に関わることや病気の診断、ギャンブルや株、投資に関わること、反社会的なことや法に触れること、そして第三者を呪い殺すような呪術をお願いすることは禁止されています。

3.同じ質問を何度もする

どんなに不安でも、同じ質問を何度もすることは良いことではありません。

占いジプシーになってしまいますし、依存症になってしまいます。そうなると抜け出すのは容易ではなく、なにより多額のお金を無駄にします。

質問は1回だけと決めましょう。同じ質問を複数の占い師に聞くのも辞めた方がいいです。
ただし複数の質問を複数の占い師に聞くのは良いと思います。そのようにして自分と相性の良い占い師を探すのは良い方法です。

メール占いは楽しんで利用するのがコツ

メール占いはあらかじめ決めた予算内で、楽しく利用するのがコツです。

当たっても当たらなくても、それを含めて楽しめる人が幸せになっていく世界だと思います。

占い師からもらった助言&アドバイスはできるだけ活用すること

占い師からもらう鑑定メールには、必ず助言&アドバイスが書かれています。

もらった助言&アドバイスは、できるだけ実行することをおすすめします。
ですが中にはやりたくないこともあると思うので、そういうのは無理してやらなくていいと思います。私も気が進まないことはやっていません。

その代わり少しでも興味があったりやってみようと思うことはどんどんやってみてください。
私は部屋に花を飾ると良いと教わったので、それ以来一輪の花を花瓶にさして飾るようにしています。一輪だけならスーパーで安ければ100円くらいで売られていますし、花を選ぶ楽しみも増えたので、良かったと思います。また風通しの良い部屋作りも心がけるようになりました。

たった一輪の花と風遠しが良くなっただけで、生活が豊かになりました。

そのおかげかわかりませんが、会社の売上がアップするなど、仕事運も上がりました。
良いことが起こるようになったので、本当に感謝しています。

行動しなければ変わらない

ここまでお読みいただいたあなたに、重要なことをお伝えします。

占いを1回やったら、必ず何か1つでいいので、行動するようにしてみてください。

私のように花を飾れば良いと言われたら飾る。風通しの良い部屋を作れば良いと言われたら作る。みたいな感じで、占い師からもらった助言&アドバイスはできるだけ実行するようにしてみてください。やりたくないことはやらなくてもいいので、できそうなことをやってみてください。

またもし今のあなたにやりたいこと、やるべきことがあるなら、コツコツやってみることをおすすめします。

幸せというのは、現地点の延長線上にある点のようなものです。ワープして別世界にいける=幸せになるのではなく、現地点で頑張る→延長線上に幸せの点が現れるみたいな感じです。

なので今を頑張れなくては、努力できなくては、未来に幸せはないのです。
幸せになりたければ、今を頑張るしかないのです。

不安でも心配でもいいのです。私もそうでした。
「上手くいくかな?大丈夫かな?」と思いながら毎日頑張ってました。

なので不安でも心配でもいいので、とにかく毎日少しずつ前に進むことです。

失敗してもいいのです。前に進んでみてください。

 

おすすめメール占いサイトを見る

タイトルとURLをコピーしました