【独りでも大丈夫】自分で自分を幸せにできる独身女性の生き方

孤独

今回のおはなしは、実際に経験してみないとわかりづらい部分が多いかもしれません。

ですが私は、「女性は自分で自分を幸せにすればいい」という信念を持っています。

特に私と同じ独身女性には、ぜひこの考え方を身に着けていただきたいと思ってます。

独身だから寂しいということは無いと思う

独身女が必ず言われる第一位「独りで寂しくないの?」という言葉の刃。
人によっては刺さるかもしれません。(^-^;

ですが、彼氏とか結婚というのは相手あってのものですので、自分1人ではどうにもならないんですよね…。だから難しいのですが。汗

ないものねだりをしても、現実は何も変わらない

他人は持っているのに、自分は持っていないものってありますよね。

私のような独身女からすると、旦那様がいて、子供がいて、さらにマイホームまで持ってる女性というのは、とても羨ましい存在かもしれません。

ですが結論から言うと、羨ましがっていても仕方ないんですよね。
ないものねだりをしても、手に入らないものはあるのです。

このことに気付いた時、私は他人に期待するのを辞めました。

他人はコントロールできない

昔ネットの掲示板で見たコメントですが、「他人はコントロールできない。コントロールできるのは自分だけ。」というのがとても衝撃的で、それ以来、私の骨に刻んでいる言葉です。笑

コントロールできるのは自分だけ

なのでどんなに他人に期待したところで、どうするかは相手次第なんですよね。

それがこちらの期待通りに動いてくれないと、「裏切られた」ような気持ちになってしまうのです。

でもこれってよく考えるとおかしなはなしで、勝手に相手に期待しておいて勝手に裏切られた気持ちになるって、ちょっとバカみたいじゃないですか?

「期待するから裏切られる」という名言も見かけたことがあるのですが、まさにこれで、相手のことはコントロールできないのだから、いくら期待しても無駄なのです。

そこに気付くことができれば、コントロールできるのは自分の気持ちだけという言葉の意味も理解できるようになります。

独身女性が生きづらい社会なのは確か

最近は「結婚だけがすべてじゃない」とか「独身でも生きていける」みたいな風潮がまかり通るようになってきました。しかしどうやらそれは”男性に限る”という空気が世間にはあるような気がします。

つまり女性が独りで生きていくには、まだまだ生きづらい世の中だと思うんです。

だけど私からすると、はっきり言ってもうどうでもいいんですよね。
そういう話は。

ルールを守る必要は無い

日本には、「女は結婚して一人前」みたいな風潮が、なんだかんだ言ってまだまだあるように思います。結婚はしなきゃいけないルールなの?って思うくらい、独身だと「あっ、そうなんだ…」みたいな態度をとる人も未だにいます。

だけどそれはもうしょうがないんですよね。気にしないでください。
偏見というか、よっぽど珍しいみたいなので、言いたい人には言わせておけばいいと思います。
それこそ「他人の気持ちはコントロールできない」からです。

自分がルールになれば良い

結婚しなきゃいけない、恋愛しなきゃいけない法律なんて無いですよね。

世間の空気に合わせる必要はないですし、みんなと違うからって焦ったり不安になったりする必要も無いのです。

だけどそれでも「彼氏が欲しい」「結婚したい」という気持ちがあるなら、出会いの場に行ってみたり婚活してみるなど、具体的な行動を起こせば良いだけだと思います。

ですがそうでないのなら、無理して世間に合わせる必要なんてありませんし、色眼鏡で見られようが、自分の道を歩いていけば良いだけだと思います。

ルールはあなた自身です。あなたがルールそのものです。
自分の気持ちにしっかり耳を傾けてあげましょう。

独身女性は自分で自分を幸せにできるようになればいいと思う

ここから先は完全に私の持論ですが、独身女性は自分で自分を幸せにできるようになればいいと考えています。

自分で自分を幸せにできるなら、独りが寂しいとか、そんな次元で悩むことがそもそも無くなります。そういうステージではなくなるからです。

独身女性が独りで生きていくために必要なもの

  • お金
  • 仕事
  • 趣味

上記は私の場合なのでみなさんにあてはまるかはわからないのですが、「お金」「仕事」「趣味」の3つがあれば、女性は独身でも幸せに生きていくことは十分可能だと思います。

1番大事なのはやはり「お金」ですが、これは「仕事」を頑張ることで自分1人が生きていける分の収入は十分確保できると思います。自分の食い扶持だけ稼げばいいのですから。そう考えると守るものが何もない私のような独身女は気ラクで良いです。

あとは「趣味」があれば完璧ですが、私の場合は趣味が仕事になってしまってるので、ここは人それぞれで良いと思います。

他人に幸せにしてもらうのではなく、自分で幸せになる

独身女性が独りで生きていくために重要なポイントは、「他人に幸せにしてもらう」という欲求をさっさと捨てることです。無ければ問題ないのですが、あったら捨ててください。邪魔です。

他人に幸せにしてもらうのではなく、自分で幸せになってしまえばいいのです。

個人的にはその方が相手に気を遣わずに済みますし、好きな物は自由に買えますし、良いことばかりだと思っています。

”幸せ”は思ってるよりずっと近い場所にある

幸せというは、自分の心が決めるものです。

あなたが「私は幸せ」と思ったら、もうその時点で幸せになれるのです。

だけど多くの人は、例えば「お金が無いから幸せになれない」とか、今の自分に不足してるものを思い浮かべては「○○が無いから幸せじゃない」と思ってしまうようです。

「いつか幸せになりたい」と言ってる人は一生幸せになれない

その「いつか」が来ることは一生ないです。

本当に幸せになりたいなら、「今幸せになる」しかありません。
でもこの感覚はちょっと難しいと思うので、今はまだ考えなくていいです。

ですが少しずつ幸せを感じられるようになってくると、上記の言葉の意味がわかるようになってくると思います。

周囲に感謝できない人も、幸せにはなれない

周りの人に感謝できない人も幸せになることはありません。

私は会社を経営してますが、自分がすごいと思ったことは1度もありません。
今の私があるのは、すべて周りの人たちのおかげだからです。
仕事の先輩、身内、そしてお客様。他にもいます。

周囲の人たちに感謝できない人は、成功するどころか幸せにもなれません。

幸せになるのは、それほど難しいことではない

これは実際に目標を達成したり夢を叶えてみないとわからない感覚だと思うのですが、幸せになるというのは、実はそれほど難しいことではないのです。

仮に目標や夢が「お金で解決できるもの」だった場合、お金を貯めれば良いだけです。簡単です。

漠然と「幸せになりたい」ではなく、どう幸せになりたいのか?どうなりたいのか?という明確なものを自分の中に探してみてください。

あなただけの幸せの形を探してみましょう

自分だけの幸せの形が見つかれば、独りが寂しいとかそういう悩みは無くなります。
というかどうでもよくなると思います。もうそのステージではなくなるからです。

”成功”は今の延長線上の点のようなもの

例えばあなたが何かしらの分野で成功したいと思ってる場合。

その成功というのは、現在地点からの延長線上にある点のようなものです。

その点(成功)にたどり着ければ嬉しいと思いますが、人生はその後もずっと続きます。

なので「成功する」と「成功し続ける」は似てるようでまったく違います。

大事なのは「成功する」ではなく「成功し続ける」ことなのです。

つまり「幸せになる」ではなく「幸せであり続ける」ことなのです。

「お金を稼いだ先に幸せなんか無い」は本当

私の業界でとても有名な方が仰っていた言葉で「お金を稼いだ先に幸せなんか無い」というものがあるのですが、これは本当です。

ですが稼げなかった頃はこれがわかりませんでした。
「何言ってんだよお金があればすべて解決だろ幸せになれるに決まってるだろ贅沢な悩みだなクソが」と当時の私は思ってました。

ですがその数年後、多少なりとも稼げるようになり、その時初めて「お金を稼いだ先に幸せなんか無い」という言葉の意味がわかるようになりました。

お金は使ったら無くなるし、値段のついてるものしか買えません。
本当に欲しいものはお金では買えないようになってることを、私は目の当たりにしたのです。

なので「幸せ=お金」と考えてるなら、それは半分当たってますが、半分違います。

この世界には、お金で買えないものが普通にあるのです。

あなたが本当に望んでるものは何ですか?
それはお金で買えますか?

もしかしたら、今のままでも十分手に入れられるものかもしれません。

スポンサーリンク

孤独
孤独な夢子のブログ
タイトルとURLをコピーしました