国立研究開発法人産業技術総合研究所 つくばセンター共用講堂

第32回大会事務局 (株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス)
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-13

住友商事神田和泉町ビル12F
TEL:03-6891-9306
FAX:03-6891-9406
E-mail:
jsaae32@or.knt.co.jp
※10月より事務局が移転しました。
(電話番号・FAX番号が変更になっています。)

プログラム概要▷ ページを更新する

ダウンロード

※詳細はPDFファイルをご覧ください。

11月20日(水)/ November 20, Wednesday

13:30~14:00開会式 / Opening CeremonyA 会場(1F 講堂)

大会長挨拶・講演
Welcome Address(Chair of the Annual Meeting)

14:00~15:00特別講演3 / Special Lecture3A会場(1F 講堂)

座長:酒井 康行(東京大学大学院)

Chair:Yasuyuki Sakai(The University of Tokyo, School of Engineering)

SL-3Human Organs-on-a-Chip: Microengineered Biomimicry of Human Physiological Systems

Dan Dongeun Huh

Department of Bioengineering, University of Pennsylvania, USA

15:00~17:00
ポスター討論1 / Poster Presentation 1D 会場(1F 多目的室)

[ 演題番号〈 奇数 〉]

17:00~19:00シンポジウム1 / Symposium 1B 会場(2F 大会議室)

オーガナイザー:小島 伸彦(横浜市立大学)

高山 和雄(大阪大学)

Organizer:Nobuhiko Kojima(Yokohama City University)

Kazuo Takayama(Osaka University)

[ Microphysiological System を支える細胞製造技術の現状と課題 ]
[Current Status and Issues of Cell Manufacturing Technology for Microphysiological System ]

S1-1ヒトiPS 細胞由来肝細胞および小腸細胞の作製とMPS システムへの応用
Generation of human iPS cell-derived hepatocytes and intestinal epithelial cells for MPS system

○高山 和雄
大阪大学大学院 薬学研究科

○Kazuo Takayama
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University

S1-2ヒトiPS 細胞から作製する腎臓細胞
Generating renal cells from human pluripotent stem cells

○髙里 実
理化学研究所 生命機能科学研究センター

○Minoru Takasato
RIKEN BDR

S1-3血液脳関門(BBB)モデルを目指した
ヒトiPS 細胞由来脳毛細血管内皮細胞の開発と課題
Development and problems of human iPS cell derived-brain microvascular endothelial cells in the BBB model

○坡下 真大
名古屋市立大学大学院 薬学研究科

○Tadahiro Hashita
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Nagoya City University

S1-4自律神経系のin vitro 再構築に向けて
Derivation of Neurons in the Autonomic Nervous System from Human Pluripotent Stem Cells

○高山 祐三
国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門

○Yuzo Takayama
Biotechnology Research Institute for Drug Discovery, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology(AIST)

S1-53次元培養によるヒトiPS 細胞由来肝細胞の高機能化の現状と課題
Current status and issues about functional improvement of human iPS cell-derived hepatocytes by three-dimensional culture

○高山 祐三
国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門

○小島 伸彦
横浜市立大学 理学部

○Nobuhiko Kojima
School of Science, Yokohama City University

11月21日(木)/ November 21, Thursday

9:00~11:00シンポジウム2 / Symposium 2A 会場(1F 講堂)

オーガナイザー:中澤 浩二(北九州市立大学) 

竹澤 俊明(農業・食品産業技術総合研究機構)

Organizer:Kohji Nakazawa(The University of Kitakyushu) 

Toshiaki Takezawa(National Agriculture and Food Research Organization)

[ 代替法分野での普及が期待される新しい細胞培養技術 ]
[ Advanced Culture Technologies for Cell-Based Assay ]

S2-1培養Cube プラットフォームによる三次元培養計測・制御手法の確立
Control and sensing platform for 3D cell and tissue culture by employing gel cube device

○萩原 将也
理化学研究所 開拓研究本部

○Masaya Hagiwara
RIKEN Cluster for Pioneering Research

S2-2細胞外マトリックス密度を制御可能な新しい組織工学技術の創製
Development of novel tissue engineering for controlling extracellular matrix density

○松崎 典弥
大阪大学大学院工学研究科

○Michiya Matsusaki
Graduate School of Engineering, Osaka University

 

S2-3微視的培養力学場設計に基づく細胞操作技術
Cell manipulation technology based on designing the microscopic mechanical elds of culture matrix

○木戸秋 悟
九州大学先導物質化学研究所 医用生物物理化学分野

○Satoru Kidoaki
Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University

S2-4創薬研究が必要とする新しい細胞培養技術とは?
How do we bring advanced new cell culture technologies into drug discovery and development ?

○清川 順平
中外製薬株式会社 研究本部

○Jumpei Kiyokawa
Research Division, Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.

S2-5優れた施設間再現性を得るための細胞培養技術
Cell culture technology for achieving excellent reproducibility between laboratories

○竹澤 俊明
農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門

○Toshiaki Takezawa
Institute of Agrobiological Sciences, National Agriculture and Food Research Organization

9:00~11:00シンポジウム3 / Symposium 3B 会場(2F 大会議室)

オーガナイザー:小島 肇(国立医薬品食品衛生研究所)

吉成 浩一(静岡県立大学)

Organizer:Hajime Kojima(National Institute of Health Sciences)

Kouichi Yoshinari(University of Shizuoka)

[ 毒性関連ビッグデータを用いた人工知能による次世代型安全性予測手法 ]
[ AI-Based Next-Generation Prediction system for chemical safety using toxicity-related big data ]

S3-1AI-SHIPS プロジェクトにおける毒性予測システム開発の方針と現状
Present status of project for development of toxicity prediction system(AI-SHIPS)

○船津 公人
東京大学大学院工学系研究科

○Kimito Funatsu
School of Engineering, The University of Tokyo

 

S3-2リスク評価のための一般化学物質の体内運命予測
Prediction of metabolic fates of general chemicals for risk assessment

○山崎 浩史
昭和薬科大学

○Hiroshi Yamazakiu
Showa Pharmaceutical University

S3-3毒性発現機序を考慮したインビトロ試験による化学物質の肝毒性予測
Prediction of chemical hepatotoxicity using mechanism-based in vitro tests

○吉成 浩一
静岡県立大学薬学部 衛生分子毒性学分野

○Kouichi Yoshinari
Laboratory of Molecular Toxicology, School of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka

S3-4リアルタイム発光測定による毒性発現時の細胞ストレス応答の解析
Real-time monitoring of cytotoxicity and stress response pathway by means of dual color luciferase monitoring system

○中島 芳浩
産業技術総合研究所 健康工学研究部門 細胞光シグナル研究グループ

○Yoshihiro Nakajima
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), Health Research Institute

9:00~11:00シンポジウム4 / Symposium 4C 会場(1F 中会議室)

オーガナイザー:柿木 基治(エーザイ株式会社)

関根 秀一(株式会社資生堂)

Organizer:Motoharu Kakiki(Eisai Co., Ltd.)

Shuichi Sekine(Shiseido Co., Ltd.)

[ ADMET 分野でのMicrophysiological System の活用への期待 ]
[ Expectations for Utilizing Microphysiological System in the ADMET Assays ]

S4-1MPS の世界および国内の状況や今後について
MPS: global and domestic situation and future

○藤田 聡史
産業技術総合研究所 先端フォトニクス・バイオセンシングOIL、
神戸大学 工学研究科 応用化学専攻、大阪大学 産業科学研究所

○Satoshi Fujita
AIST-Osaka University Advanced Photonics and Biosensing Open Innovation Laboratory, AIST

S4-2哺乳類の合成生物学のためのマイクロ流体デバイス技術
Living culture models using micro-uidic technology for synthetic biology in mammals

○田川 陽一
東京工業大学生命理工学院

○Yoh-ichi Tagawa
School of Life Science and Technology, Tokyo Institute of Technology

S4-3薬剤性肝毒性評価における3D バイオプリントヒト肝組織モデルの創薬活用
Application of Bioprinted Human Liver Tissue Model for the Evaluation of Drug-induced Liver Injury in Drug Discovery Research

○大渕 雅人
アステラス製薬株式会社 薬物動態研究所

○Masato Ohbuchi
Analysis & Pharmacokinetics Research Labs., Astellas Pharma Inc.

S4-4Organs-on-a-chip の創薬研究への応用
Microuidics based Microphysiological System for Drug Discovery

○木村 啓志
東海大学 工学部 機械工学科/ マイクロ・ナノ研究開発センター

○Hiroshi Kimura
Department of Mechanical Engineering/MNTC, Tokai University

11:00~12:00特別講演1 / Special Lecture 1A 会場(1F 講堂)

座長:小島 肇(国立医薬品食品衛生研究所)

Chair:Hajime Kojima(National Institute of Health Sciences)

SL-1実験動物を用いた毒性試験におけるマイクロサンプリングの課題と展望
Establishment of novel mice model aiming efcient drug development and animal use

小林 章男
日本たばこ産業株式会社 医薬総合研究所 安全性研究所

Akio Kobayashi
Toxicology Research Laboratories, Central Pharmaceutical Research Institute, Japan Tobacco Inc.

13:00~14:30総会・表彰式A 会場(1F 講堂)

14:30~15:00学会賞受賞講演/ Award Winner SpeechA 会場(1F 講堂)

司会:大竹 利幸(株式会社資生堂グローバルイノベーションセンター)

Chair:Toshiyuki Ohtake(Shiseido Global Innovation Center)

A-1ビトリゲル眼刺激性試験法の開発とOECD テストガイドラインへの登録
Development of “Vitrigel-Eye Irritancy Test” method and its register for OECD Test Guidelines

○竹澤 俊明1)、山口 宏之1)2)
1)農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門、
2)関東化学株式会社 技術・開発本部 伊勢原研究所

○Toshiaki Takezawa1), Hiroyuki Yamaguchi1)2)
1)Institute of Agrobiological Sciences, National Agriculture and Food Research Organization,
2)Isehara Research Laboratory, Technology and Development Division, Kanto Chemical Co., Inc.

A-2in chemico 光安全性評価法ROS assay の開発とICH S10 ならびにOECD テストガイドライン採択
Development of ROS Assay for Photosafety Evaluation and Its Adoption as ICH S10 and OECD TG495

尾上 誠良
静岡県立大学 薬学部薬剤学分野

Satomi Onoue
Laboratory of Biopharmacy, School of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka

15:30~17:30
ポスター討論2 / Poster Presentation 21D 会場(1F 多目的室)

[ 演題番号〈 偶数 〉]

11月22日(金)/ November 22, Friday

9:00~11:00
国際交流委員会主催シンポジウム / SymposiumA 会場(1F 講堂)

オーガナイザー:諫田 泰成(国立医薬品食品衛生研究所)

武吉 正博(化学物質評価研究機構)

Organizer:Yasunari Kanda(National Institute of Health Sciences)

Masahiro Takeyoshi(Chemicals Evaluation and Research Institute)

[ 代替法分野での普及が期待される新しい細胞培養技術 ]
[ Advanced Culture Technologies for Cell-Based Assay ]

IS-1A β-galactosidase-expressing E. coli culture as an alternative test to identify skin sensitizers and non-sensitizers

 Mahesh Raj Nepal, Dong Ho Cha, Geon Ho Kim, Mi Jeong Kang, Doo Hyun Nam,

○Tae Cheon Jeong
College of Pharmacy, Yeungnam University, Gyeongsan, Republic of Korea

IS-2Development and regulatory application of alternative methods for cosmetic safety assessment in China

○Xiaoting Qu1), Jiabin Guo2), Shuangqing Peng2)
1)The Society of Toxicity Testing and Alternative Methods, Chinese
Environmental Mutagen Society,
2)PLA Center for Disease Control and Prevention, Beijing, China

IS-3Current international activities on alternatives for developmental neurotoxicity (DNT) testing for regulatory application

○Ellen Fritsche1)
1)IUF – Leibniz Research Institute for Environmental Medicine, Germany,
2)Heinrich-Heine University Düsseldorf, Germany

IS-4日本動物実験代替法学会 国際交流委員会報告
International committee Report in JSAAE

○諫田 泰成1)、大戸 茂弘2)、鈴木 真3)、武吉 正博4)、竹内 小苗5)、佐久間 めぐみ6)、中村 牧7)、小島 肇1)
1)国立医薬品食品衛生研究所、 2)九州大学、 3)沖縄科学技術大学院大学、
4)一般財団法人 化学物質評価研究機構、 5)P&G イノベーション合同会社、
6)株式会社コーセー、 7)小林製薬株式会社

○Yasunari Kanda1), Shigehiro Ohdo2), Makoto Suzuki3), Masahiro Takeyoshi4), Sanae Takeuchi5), Megumi Sakuma6), Maki Nakamura7), Hajime Kojima1)
1)National Institute of Health Sciences(NIHS), Japan,
2)Kyushu University, Japan,
3)Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University, Japan,
4)CERI, Japan,
5)P&G Innovation Godo Kaisha, Japan,
6)KOSÉ Corporation, Japan,
7)KOBAYASHI Pharmaceutical Co., Ltd., Japan

9:00~11:00シンポジウム5 / Symposium 5B 会場(2F 大会議室)

オーガナイザー:伊藤 弓弦(産業技術総合研究所)

赤羽 隆文(幹細胞評価技術基盤研究組合)

Organizer:Yuzuru Itou(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)

Takafumi Akabane(Stem Cell Evaluation Technology Research Association)

[ アッセイ用ヒト細胞の基準・標準化 ]
[ A Practical Approach to Standardization for Human Cells Used in Industrial R&D ]

S5-1培養細胞を用いた実験の再現性について
Reproducible research results with cultured cells

○増井 徹
国立精神・神経医療研究センター、Medical Genome Center

○Tohru Masui
National Center for Neurology and Psychiatry, Medical Genome Center

S5-2培養細胞および再生表皮モデルを用いた皮膚生理研究および素材評価
Basic study and material evaluation of skin health using cultured cells and a reconstructed skin model

○正木 仁
東京工科大学

○Hitoshi Masaki
Tokyo University of Technology

S5-3たばこ煙の生物影響評価における株化及び初代ヒト細胞の活用事例
Comparing the use of human cell lines and primary cells to biologically assess cigarette smoke

○橋爪 恒夫
日本たばこ産業株式会社 R&D グループ 製品評価センター

○Tsuneo Hashizume
Scientific Product Assessment Center, R&D Group, Japan Tobacco Inc.

S5-4製薬企業におけるアッセイ系の基準
The performance standard of assay systems in pharmaceutical industry

○森口 博行
幹細胞評価基盤技術研究組合

○Hiroyuki Moriguchi
Stem Cell Evaluation Technology Research Association(SCA)

S5-5安全性評価試験法のOECD 等における国際動向と課題
International Trends in Safety Assessment Testing

○小島 肇
国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 安全性予測評価部

○Hajime Kojima
National Institute of Health Sciences Division of Risk Assessment, Tokyo, Japan

9:00~11:00シンポジウム6 / Symposium 6C 会場(1F 中会議室)

オーガナイザー:上月 裕一(株式会社資生堂)

斎藤 幸一(住友化学株式会社)

Organizer:Hirokazu Kouzuki(Shiseido Co., Ltd.)

Koichi Saito(Sumitomo Chemical Co., Ltd.)

[ 脱動物実験後の化粧品の安全性保証における課題と可能性 ]
[ Challenge and Future Prospect in Cosmetics Safety Assessment after Prohibition of Animal Test ]

S6-1動物実験に依存しない光安全性評価の構築
Development of non-animal photosafety testing

○尾上 誠良
静岡県立大学 薬学部 薬剤学分野

○Satomi Onoue
Laboratory of Biopharmacy, School of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka

S6-2感作性代替法ADRA を利用した光アレルギー性評価試験系の開発
Development of photo-amino acid derivative reactivity assay
(p-ADRA):
a novel in chemico alternative method for predicting photoallergy

○笠原 利彦
富士フイルム ESG 推進部 環境・品質マネジメント部 安全性評価センター

○Toshihiko Kasahara
Safety Evaluation Center, Ecology & Quality Management Div. ESG Div. Fujifilm Corporation

S6-3生理学的薬物速度論モデルを用いた体内動態・薬物相互作用の定量的解析
Quantitative analyses of pharmacokinetics and drug-drug interactions using physiologicallybased pharmacokinetic model

○楠原 洋之、前田 和哉
東京大学大学院薬学系研究科

○Hiroyuki Kusuhara, Kazuya Maeda
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, the University of Tokyo

S6-4代替法としてのヒト幹細胞への大きな期待- その驚くべき潜在能力
High expectations for human stem cells as an alternative method–its amazing potential

○藤渕 航
京都大学 iPS 細胞研究所

○Wataru Fujibuchi
Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University

11:00~12:00特別講演2 / Special Lecture 2A 会場(1F 講堂)

座長:鈴木 真(沖縄科学技術大学院大学)

Chair:Makoto Suzuki(Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University)

SL-2しあわせを考える動物園
The zoo, thinking about the happiness of animals and human

秋葉 悠希
うすだ動物病院/元・日立市かみね動物園

Yuki Akiba
Usuda animal hospital / Ex-Hitachi Kamine Zoo

13:00~14:00
マンダム動物実験代替法国際研究助成研究報告会
Brieng Session of Mandom International Research
Grants on Alternative to Animal ExperimentsA 会場(1F 講堂)

座長:鈴木 真(沖縄科学技術大学院大学)

Chair:Makoto Suzuki(Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University)

M-0マンダム動物実験代替法国際研究助成金公募について
Mandom International Research Grants on Alternative to Animal Experiments

○渡邊 達也
株式会社マンダム 製品保証部 室長

○Tatsuya Watanabe
Mandom Corporation, Product Assurance Div., Manager

M-1呼吸器感作性物質評価に関するh-CLAT の有用性検討
Effectiveness of h-CLAT in Evaluating Respiratory Sensitizers

○足利 太可雄
国立医薬品食品衛生研究所 安全性予測評価部

○Takao Ashikaga
National Institute of Health Sciences, Division of Risk Assessment

M-2ヒトiPS 細胞を用いた化学物質のin vitro 安全性評価法の開発
Development of in vitro chemical safety assessment using human iPS cells

○諫田 泰成
国立医薬品食品衛生研究所 薬理部

○Yasunari Kanda
Division of Pharmacology, National Institute of Health Sciences

M-3個別患者由来の手術残余切除肝組織を利用した肝毒性評価モデルの開発
Development of in vitro hepatotoxicity evaluation model utilizing remnant liver tissues resected in surgical treatment

○辰己 久美子1)2)、和田 浩志3)、長谷川 慎一郎3)、坂井 義治1)、田原 秀晃2)4)
1)京都大学大学院 医学研究科 消化管外科学、
2)大阪国際がんセンター 研究所 がん創薬部、
3)大阪国際がんセンター 消化器外科、
4)東京大学医科学研究所 がん生体分子治療社会連携研究部門

○Kumiko Tatsumi1)2), Hiroshi Wada3), Shinichiro Hasegawa3), Yoshiharu Sakai1), Hideaki Tahara2)4)
1)Department of Surgery, Graduate School of Medicine, Kyoto University,
2)Department of Cancer Drug Discovery and Development, Research Center, Osaka International Cancer Institute,
3)Department of Gastroenterological Surgery, Osaka International Cancer Institute,
4)Project Division of Cancer Biomolecular Therapy, Institute of Medical Science, The University of Tokyo

14:00~16:30企画委員会主催シンポジウム / SymposiumA 会場(1F 講堂)

オーガナイザー:山下 邦彦(大阪大学大学院)

Organizer:Kunihiko Yamashita(Graduate School of Osaka University)

[ 代替法は何に、どこまで使えるか? 今後の課題を明らかにする。
~業界の現状と課題 ]
[ Current application of alternative methods and future challenges ]

CS-1化粧品の安全性をどう考えるか ―動物実験代替法とのかかわりから
How do we assure the safety of cosmetics - In relation to alternatives to animal testing

○畑尾 正人
日本化粧品工業連合会

○Masato Hatao
Japan Cosmetic Industry Association

CS-2化学品の法登録と代替法
Utilization of animal alternative test methods in legal registration of general chemicals

○三村 吉一
一般社団法人 日本化学工業協会 化学品管理部

○Yoshikazu Mimura
Chemicals management department, Japan Chemical Industry Association, Tokyo, Japan

CS-3農薬取締法における代替法および今後の期待
Alternative Testing in the Pesticide Control Act

○小坂 忠司
一般財団法人残留農薬研究所 試験事業部

○Tadashi Kosaka
Study Management Division, Institute of Environmental Toxicology

CS-4医薬品開発における代替法の有用性と課題
Usefulness and Issues in Using Alternatives to Animal Experiments in Drug Development

○佐々木 正治
日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 基礎研究部会、アッヴィ合同会社

○Shoji Sasaki
Japan Pharmaceutical Manufacturers Association, AbbVie GK

CS-5食品領域における動物実験代替推進:ILSI-Japan の取り組み
Effort of ILSI Japan for promoting alternatives animal experiments in food safety sector

○齋藤 和智
国際生命科学研究機構

○Kazutoshi Saito
International Life Sciences Institute

14:00~16:00シンポジウム7 / Symposium 7B 会場(2F 大会議室)

オーガナイザー:猪股 智夫(麻布大学獣医学部実験動物学研究室)

塩谷 恭子(国立循環器病研究センター)

鈴木 真(沖縄科学技術大学院大学)

Organizer:Tomo Inomata(Azabu University, Department of Veterinary Medicine)

Kyouko Shioya(National Cerebral and Cardiovascular Center)

Makoto Suzuki(Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University)

[ 環境エンリッチメント ]
[ Environmental Enrichment ]

S7-1環境エンリッチメント
Environmental enrichment

○塩谷 恭子
国立循環器病研究センター

○Kyoko Shioya
National Cerebral and Cardiovascular Center Research Institute

S7-2実験動物をグループ飼育するための3 つの大切なこと
3 important factors for social housing for experimental animals

○渡邊 利彦
中外製薬株式会社

○Toshihiko Watanabe
Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.

S7-3実験期間中における環境エンリッチメント
Environmental Enrichment Program during experiment

○鈴木 真
沖縄科学技術大学院大学

○Makoto Suzuki
Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University

S7-4環境エンリッチメントが実験動物に与える影響
Effects of environmental enrichments for laboratory animals

○小山 公成
アステラス製薬

○Hironari Koyama
Astellas Pharma Inc.

14:00~16:00シンポジウム8 / Symposium 8C 会場(1F 中会議室)

オーガナイザー:石田 誠一(国立医薬品食品衛生研究所)

中村 和昭(国立成育医療研究センター)

Organizer:Seiichi Ishida(National Institute of Health Sciences)

Kazuaki Nakamura(National Center for Child Helte and Development)

[ 疾患モデル・安全性評価モデルとしてのヒトiPS 細胞技術の利用 ]
[ Utilization of Human iPS Cell Technology As a Disease and Safety Assessment Model ]

S8-1国際幹細胞バンクの概要と細胞標準化の基礎となるヒト細胞アトラス
Introduction of International Stem Cell Banking Initiative and Human Cell Atlas as the basis of Cell Standardization

○藤渕 航
京都大学iPS 細胞研究所

○Wataru Fujibuchi
Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University

S8-2ヒトiPS 細胞由来分化細胞の医薬品安全性評価への展開
The innovation of non-clinical toxicity evaluation using human iPS cell derived differentiated cells

○渡邊 信一
富士フイルム株式会社

○Shin-ichi Watanabe
Fujifilm Corporation

S8-3理研細胞バンクに寄託された疾患特異的iPS 細胞の利活用アップデート
Trial for seizure risk prediction using drug responding MEA time-series data from dissociated neuron cultures

○林 洋平
理化学研究所 バイオリソース研究センター

○Yohei Hayashi
RIKEN BioResource Research Center

S8-4分散培養神経細胞の薬物応答時系列データを用いた痙攣誘発リスク予測に向けた試み
Effects of environmental enrichments for laboratory animals

○宮本 憲優
エーザイ株式会社 高度バイオシグナル安全性評価部

○Norimasa Miyamoto
Advanced Biosignal Safety Assessment, Eisai Co., Ltd.

16:30~17:00閉会式 / Closing CeremonyA 会場(1F 講堂)

閉会あいさつ
優秀演題表彰
第33回大会の紹介

産業技術総合研究所 つくばセンター共用講堂

第32回大会事務局 (株式会社近畿日本ツーリストコーポレートビジネス)
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-13

住友商事神田和泉町ビル12F
TEL:03-6891-9306
FAX:03-6891-9406
E-mail:
jsaae32@or.knt.co.jp
※10月より事務局が移転しました。
(電話番号・FAX番号が変更になっています。)